FC2ブログ

あたたかいお話


朝、所庭で遊んでいたときのことです。

一人の女の子が、
「先生!鳥の赤ちゃんが死んでる!」


女の子が鳥の赤ちゃんがいるというところへ行ってみると、
生まれたての小さな赤ちゃんが息絶えていました。


「かわいそうに。」

たくさんの子どもたちがかけよってきます。


「鳥の赤ちゃんどうしようか。」子どもたちに尋ねると…
「このままだといかんな。」
「ふまれたらかわいそう。」などなどいろいろな言葉が飛び交います。


たくさん話した結果、みんなでお墓を作ってあげることに。




IMG_7918.jpg


以前カブトムシの幼虫が死んでしまい、お墓を作ったことがありましたが、そのお隣にお墓を作りました。



IMG_7921.jpg



お花をあげたり、お水をあげたり…。

お墓が完成したら最後にはそっと手を合わます。

IMG_7920.jpg


子どもたちの中には思いやる気持ちを強く持っているのだと思い、心があたたかくなりました。




死について身近に感じることができ、きっと今回だけでなくこれからもっとそのような場面にめぐり合うことでしょう。

きっとたくさん悲しむでしょう。たくさん苦しむことでしょう。
それでも死を受け止め、強くたくましくいきていってほしいですね。

スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © はつねほいくしょニュース All Rights Reserved.