FC2ブログ

手づかみ食べ

みんな楽しみ。食事の時間。
くまぐみ(0歳)のお部屋では、手づかみ食べの練習中。
今日のご飯は何かなあ。食べ物で遊んでいるようにみえますが、手で触って、食べ物の触感や温度、かたさを確認しています。
手づかみ食べは、食具(フォークやスプーン)を上手に使うための大事な役割があります。

慣れるまでは一回の量がわからずに、お口いっぱいにすることもありますが、
それを繰り返すことで、自分の食べられる量がわかってきます。
IMG_0790.jpg
さつま芋もつぶさずに、上手ににぎれるようになりました。
IMG_0793.jpg
食欲旺盛のくまぐみさん。お隣のお友達の食事も気になります。
IMG_0798_20171206120148b67.jpg
すると…おかわり!みんなで食べる食事はおいしくて、楽しいね。
IMG_0799_20171206120150283.jpg
手の指は、『突き出た大脳』と言われ、脳の発達に大切な部分です。指を使って食べることは、知的な発達につながります。
お家で手づかみ食べは、つい手や洋服が汚れると敬遠しがちですが、子どもが自分でしたいという気持ちを成長と感じ、
保育所では手づかみ食べを、見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © はつねほいくしょニュース All Rights Reserved.